FF14 パッチ6.0前に準備したこと|ゲーム内、Notion、機材

スポンサーリンク

いよいよFF14のパッチ6.0 暁月のフィナーレのアーリーアクセスが明日に迫りました。

ということで今回は私がパッチ6.0前に準備したことの紹介です。

本当はもっと前から準備して記事にしておけばよかったのですが、9月中旬から2ヶ月ほど絶アルテマ→絶バハムートの初見攻略(一部メンツはクリア済み)をやっていて全く準備に時間を避けなかったので、今回は「次回」への備忘録という意味であくまで記録として残しておきます。

だいたい毎回やることは似たりよったりですからね

ゲーム内でやったこと

アイテム、倉庫整理、リテイナー追加(再雇用)

新パッチでは新たなレベルキャップまでのレベリング装備、新たなギャザクラ用アイテム等多数のアイテムが追加されます。

かばんやリテイナーの空きが不十分だと、いずれクエストの報酬アイテムを受け取るだけでも一々何かを捨てて空きをつくらないといけない、という事態になります。容易になります(経験談)。

なので、パッチ前はしっかりと整理を行い十分な空きをつくっておくことが非常に重要です。

具体的には今回は以下のような断捨離・整理整頓を実施しました。

  • 不要な素材の処分
    • マケ売り、NPC売り、サブキャラへの移動
  • 使用頻度の低い制作装備=作れる装備の処分
  • HQ素材をNQ化してスタック
  • リテイナーを1人再雇用
    • 以前8人体制だったのを見直して暫く5人にしていたところ、今回は大型拡張なので当面の間1人再雇用することに
    • 再雇用したリテイナーの採集装備(IL500)を白貨で交換
  • アーマリーチェストの整理
    • いつも溢れがちですが真剣に整理すれば半分近く空くはずです
  • チョコボかばんの整理
  • カンパニーチェストの整理
  • ミラージュドレッサーの整理
    • 新しい装備が多数追加されるので、可能な限り空きをつくっておきます
    • 過去1年振り返ってプレートに登録しなかったものは今後もまず使いません。一旦取り出してリテイナーに預けるか思い切って捨ててしまいましょう。

戦闘、制作、採集等のトークンをためておく

  • 詩学、奇譚、黙示といった戦闘トークン
  • クラフター、ギャザラーの黄貨、白貨
  • 軍票
  • 対人戦績

これらは可能な限りカンストしておきたいですね。

でも結局私は今回はカンストできてませんでした(サボりすぎ)

サブキャラのレベリング

今回は新ジョブとして近接枠(スレイヤー装備)にリーパーが追加されるため、サブキャラでもリーパーを早めに触るために竜のレベルをあげておきました。もちろんジャンポです

メインキャラは、竜侍メイン、メンバー次第で忍者に着替えるという感じなので、リーパーはサブキャラでやり込んでいきたいと思っています。

メインクエスト終了

サブキャラのメインクエが最後の1個だけまだやってなかったので。やりたかったんですが、時間ありませんでした(汗)

意外とサブキャラだと忘れがちですよね

スレイヤーとヒーラーの70~80レベリング用装備を用意する

新ジョブのリーパー(スレイヤー装備)と賢者(ヒーラー装備)の70~80のレベリングに使用する防具とアクセを用意します。

基本的に詩学でスカエウァ(レベル70 IL400)を揃えればOKです。もちろん持っていればオメガ装備でもOKです。

耳は経験値アップのメネフィナイヤリングがあるので不要です。腰も削除されるため不要です。

70をスカエウァやオメガで揃えておけば、73は不要なので75以降の装備を必要に応じて用意します。

ただし、レベリングでボズヤにこもる場合は、装備は何でもOKなのでとりあえず70装備だけ揃えておいて、通常のID等にも行けるようにだけしておくというのがいいかもしれません。

攻略手帳を寸止めしておく

攻略手帳の各項目を達成直前で止めておくと、メンテ明けから速やかに達成して経験値を入れることができます。

ちなみに私は今回ほぼやれていません(汗)

アーリーアクセス週の火曜日リセット後はお得意様をやらない

納品物の制作・採集だけしておいて、納品せずにかばんに入れておきましょう。

HUDの調整

実は暁月直前にゲーム用のモニターを買い替えました。

今回29インチウルトラワイド2560×1080から34インチウルトラワイド3440×1440に変わったのですが、その影響で以前のHUDのまま設定で100%から150%に変えただけでは見づらい部分が多数出てきたので思い切って調整を行いました。

とりあえず一旦形にはなったものの、なかなかの沼っぷりで未だにこれで良かったのかわかりません。HUD沼は恐ろしい…

Notion

今年からNotionというクラウドアプリを使い始めて、FF14関連のダッシュボード≒自分用まとめページも作っていたのですが、暁月に合わせて少し追加・整理しました。

クイックリンク集作成

よく使うサイトのリンク集

とりあえずこのNotionダッシュボードを開いておけば、一通りのFF14関連のサイトにすぐにアクセスできるという状態にしたいので、クイックリンク集を作りました。

風脈DB作成

風脈の泉のチェックリスト

新エリアということで、また風脈の泉の解放をしなければならないのですが、どの位置のものを解放済みかということを簡単に確認できるようにしておきたいので、自前のチェックリストを作りました。

メインキャラを進めるときにももちろん活用しますが、真価は情報が揃ったあとサブキャラを進めるときですね。どれを開放すればいいかはググればわかるけど、どれが解放済みなのかをチェックしていくのがめんどうというのが従来の課題だったので。

レイド攻略固定用のページ作成

上記は絶アルテマをやったときの例ですが、攻略記事や参考動画のリンク集、メンバーのテーブル、活動予定のカレンダーといったものをすべてNotionだけの機能で作成し、Notion内の1ページにまとめて使用していました。

一度ベースは作ってしまっているので、6.0の零式ではこれをベースにしつつ改良して使っていきます。

PC環境

グラボの買い替え

ジョブアクショントレーラーを見ていたら、各ジョブの追加スキルのエフェクトがどれもめちゃくちゃカッコよかったのと、より高解像度な34インチに買い換えることを検討していたので思い切ってグラボを買い換えました。

今回はGeForce GTX1660TiからRTX3070へ買い替えました。

半導体不足等でグラボが高騰している中、RTX3070は年初の7万弱だった価格から9万円超まで高騰しており正直ちょっと躊躇しました。しかし、GTX1660Tiの中古価格もメルカリ相場で54,000円と非常に高価だったので、結果的にはそこそこの費用で乗り換えることができました。

ヒカセン視点でのRTX3070のレビューは暁月を一通り遊んでからいずれ書こうとは思いますが、とりあえずRTX3070は3440×1440の解像度でFF14を遊ぶのにベストな選択肢と言えると思います。

モニターの買い替え

暁月直前のブラックフライデーセールで34インチのウルトラワイドモニターを買いました。

従来から29インチのウルトラワイドでFF14を遊んでいましたが、デスクをより大きなものにしたことでもう一回り大きいモニターを置けるようになったので、暁月に合わせて思い切って買い替えてしまいました。

こちらも詳しいレビューは暁月が落ち着いた頃に書く予定ですが、とりあえず言えるのは34インチはかなり良いということ。

実際のところ、PCデスクに座ってマウス+キーボード(左手キーボード)で遊ぶ場合、34インチウルトラワイドというのは設置スペースや視野の関係で無理なく遊べるギリギリの大きさだと思います。これより大きくなると端から端まで視界に入れるために椅子を引く必要がでてきて本末転倒になりそうです。

いよいよ暁月のフィナーレ実装

これを書いている時点(2021年12月2日夜)で既に暁月のフィナーレのアーリーアクセスまで1日を切りました。

延期はあったものの個人的には「もう来ちゃうの?」という感じです。

前回の漆黒のアーリーではダウンロード自体が全く進まず、当日夜は結局インできないという憂き目を見ました…。

今回は無事にダウンロード、ログインできるように明日は午後半休をとって備えます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました