【レビュー】Geekria ヘッドホンカバー11-16CMを使ってみた

ガジェット
スポンサーリンク

先日のAmazonプライムデーでゼンハイザーのワイヤレスヘッドホンMOMENTUM Wireless M3AEBTXLを勢いで購入し、その保護のためにヘッドホンカバーも購入したので今回はそのレビューです。

ちなみにゼンハイザーのMOMENTUM Wireless M3AEBTXLはまだ届いていません(笑)

購入した理由

ゼンハイザーの高いヘッドホンをセールの勢いでつい買ってしまったので、その保護用に。万一気に入らなかったら売るので、汚したくないということで保護用にこのヘッドホンカバー(イヤーパッドカバー)を購入してみました。

Geekriaのヘッドホンカバー 11-16CM を使ってみて

ゼンハイザーのMOMENTUM Wireless M3AEBTXLは、納期が結構長めで7月12日頃発送となっているので、代りに今手元にあるAKGのQ701につけてみました。

このAKGのQ701は2013年に購入したものなのでもう8年ちょっと使用しており、さすがにイヤーパッドもボロボロになったため1年ほど前に互換品でリプレースしています。

その互換品もこの製品とおなじGeekriaで、かなりお手頃な価格でしたが、その割に十分な品質だったので満足度高めでした。

AKG Q701

ちなみに2013年に購入したこのQ701は、Made in Austriaなのが自慢です。最近のAKGのヘッドホンはだいぶお手頃価格になりましたが、Made in Chinaに変わっちゃったんですよね…。

Geekriaのイヤーパッドカバー 11-16CMをすっぽり覆うように被せたAKG Q701

このGeekriaのヘッドホンカバーですが、とりあえず使い始めの感想を一言でいうと「イヤーパッド保護と音質のトレードオフ」といった感じです。

音の変化

本製品のAmazonレビュー欄では、音質に影響はないといったコメントが見られたのですが、私がQ701につけてみた感想としては、音質は確実に変わります。

それも当然といえば当然で、なにせ本来耳がすっぽり収まるイヤーカップ部分を、上からまるっと塞ぐように被せるカバーなのですから、当然耳とヘッドホンのスピーカー部の距離は本来ヘッドホンの設計時に意図された距離より遠くなります

その結果、良く言えば「角が取れて丸くなる」という感じですが、正直なところ音の解像感がまるっと一回り以上下がります

その分ソフトになるので曲によっては聴きやすくなるということもあると思いますが、Q701のような解像感が売りのオープンエアーのモニター系ヘッドホンにつけるのはちょっと勿体ないかも、という感じです。

まぁこの部分も慣れてしまえば、そんなに気にならなくなるのかもしれませんが。

ちなみにイヤーパッドカバーのかけ方を変えて、次の写真のように外側に回り込ませないような被せ方もしてみました。だいぶダボっとした感じになります。

外側に回り込ませないようにイヤーパッドカバーを付けたパターン。音質的には解像度が下がりすぎてダメダメ

これはすっぽり被せるパターンより更に音の解像感が落ちてしまいちょっと実用に耐えるレベルではありませんでした。

一応、カバー有無の比較試聴として、最近良く聞いている2曲を聴き比べてみました。

1曲は、シンセ+バンドサウンド+女性ボーカルのデジタルJ-POPなアニソン、もう1曲は同じ女性ボーカルですが、曲調はJPOPでオケはアコースティックアレンジのしっとりした曲です。

前者はカバーをつけた際の解像感の低下がはっきりとデメリットとして感じられましたが、後者に関してはソフトさが曲のアレンジの雰囲気と合致していたため、そこまで気になりませんでした。

2曲だけの検証とも呼べない比較ですが、曲によりイヤーパッドカバーの影響の良し悪しは分かれるということだけはお伝えできたかと思います。

フィット感の変化

音の変化だけでなく、当然ながら耳がカップの中にきっちり入らなくなる分、フィット感がゆるくなります。

これについては、メリットと感じるかデメリットと感じるかは本当に人それぞれ、その人とそのヘッドホン次第だと思います。

もともと側圧がキツくてちょっとしんどかったという人は、フィット感が緩むことで長時間の使用でも疲れにくくなるかもしれません。

逆に耳のフィットが緩むことで、頭頂部の負担が増えるといったこともあるでしょう。

私の頭部とQ701にこのイヤーパッドカバーの組み合わせだと、若干後者のきらいがありました。

この製品は買いか?

このイヤーパッドカバーを着けることによる音の変化は、オープンエアーのヘッドホンなら確実にあると思ったほうがいいです。

その変化を良いものと感じるかどうかは完全にケースバイケースだと思います。ヘッドホンとヘッドホンカバーの相性、取り付けたことによる変化と楽曲との相性、そのうえでそれを聴く人の耳や好みとの相性というのがあるので、一概にこうとはいえません。

それでも、やはり高級ヘッドホンを使う際に汚れやダメージが気になるという場合には、より安心して気楽にお気に入りのヘッドホンを使えるようになるという意味でオススメできる製品です。

Geekriaの11-16CMは、2ペア分(4つ)入っていて1200円ちょっとですので、1個あたり300円程度と考えると、お試しで買ってみるのも良いんじゃないかと思います。数万円のヘッドホンのイヤーパッドを保護するためと考えれば、コスパも良いと言えますね。

着け外しは非常に簡単なので、私はしばらくQ701に着けたり外したりして、音の味変のように楽しもうと思います。もちろん、今度着弾するゼンハイザーの方にはちゃんと本来の保護目的メインで使いますよ!

Geekria カバー 2 ペア 互換性 イヤーパッドカバー 劣化防止、防塵 ヘッドホン交換用 ストレッチニット 11-16CM ヘッドホン用 洗濯可 (大型/ブラック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました