Amazon 新生活セール2021 オススメ製品はコレ!|Amazonデバイス編

スポンサーリンク

こんにちは。3度の飯よりもAmazonのセールが大好きな一文字さんです。

ということで、2021年3月20日から3月23日23時59分まで開催中の「Amazon 新生活セール」の中から、独断と偏見で個人的オススメ品をピックアップして紹介しちゃいます。で、今回はAmazon デバイス編!

毎度お馴染みAmazonデバイスが超特価!

Amazonのセールイベントといえば、やっぱりヤケクソな割引率のAmazonデバイスですね。

むしろセールイベント以外のタイミングでは買ってはいけないと、公式から言われているのではないかと思うくらい、毎度毎度えげつない割引が入ります。もちろん今回も例にもれず。

さっそくイチオシのデバイスをリストアップしていきます。自分の欲しい物リストのような感覚で選んでいるので、少し偏りはあるかもしれませんが、その分本気で欲しくなるものに厳選しています!

Alexaデバイスのオススメ

AmazonのAIアシスタント、アレクサを使えるデバイスは多数ありますが、その中でもイチオシなのはコレです!

Echo Show 5

Echo Show 5 (エコーショー5) スマートディスプレイ with Alexa、チャコール

セール前:9,980円
セール価格:5,980円

なんと驚異の4,000円引き!40%オフです。ヤケクソにもほどがあります。AmazonのAIアシスタント、アレクサのデバイスの中でも大きさ・価格・機能面のバランスがよく手頃で人気の商品です。

私もなんだかんだでまだ持っていなかったので、今回は買おうと思います。

+980円でAmazon純正スマートプラグのセット(通常1,980円)や、+2,000円でNatureのスマートリモコンのセット(通常4,980円、セール期間中は単体で3,980円)も選べます。

Kindle端末のオススメ

読書のお供、Kindleです。実は私はKindle Unlimitedのサブスクをもう数年も使っているにも関わらず、端末のKindleはまだ買ったことがありません。いつか買おうと思いつつ、小説や漫画はiPhone、雑誌はiPadで読むからいいやと毎度買わずじまいです。

iPadがあるのに読書専用の端末をわざわざ買うのものなぁと少し抵抗があるというのも本音です。ただ、読書にしか使えないというのはデメリットというわけではなく、むしろ読書専用端末だからこそ余計なことに気を取られずに読書に集中できるというメリットといえます。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB 広告つき

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB トワイライトブルー 広告つき 電子書籍リーダー

セール前:13,980円
セール価格:10,980円

さらに安い、Kindle(無印)もありますが、そちらは画面の解像度が167ppiと低いためオススメしません。解像度が低いと目が疲れます(個人の感想です)。Paper Whiteと次に紹介するOasisは300PPIです。Paper Whiteの8GB、広告付き、これが個人的にはKindleの最安端末かなと思っています。

Kindle Oasis 32GB

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 8GB 電子書籍リーダー

セール前:32,980円
セール価格:27,980円

Kindle Oasisにも8GBモデルがありそちらは32GBより3,000円安いのですが、せっかくそこそこの金額を出してKindle Oasisを買うなら、あと3,000円のせてさらなる快適性を手に入れちゃうのもありだと思います。私の場合は、容量をくいがちな漫画はそこまでたくさん読まないので8GBでもいいかなと思いつつ、売るときのことを考えると32GBにしちゃうと思います。

リンク先は8GBの広告なしバージョンになっています。Amazonアソシエイトの商品検索が○○すぎて32GBの広告付きが出てこないので代りに貼っています。リンク先で容量、広告の有無を選択してください。

FireHDタブレットのオススメ

Amazonデバイスといえば、価格破壊タブレットのFireHDもわすれてはいけません。そのなかでも個人的にオススメしたいのはコチラ

Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

セール前:9,980円
セール価格:6,980円

元の9,980円という価格もかなりぶっ飛んだ安さですが、イベントセール中はそこから3,000円引きで6,980円ともはやタブレットとしては意味不明な価格です。

ありえないくらい安いタブレットですが、Googleなどのアプリを自由につかえるわけではないので、注意が必要です。PrimeビデオやYouTubeの動画視聴、Amazon MusicやSpotifyでの音楽視聴、Kindle(Prime Reading)での読書といったコンテンツ消費専用の端末として割り切るととてつもなくコスパが高いです。

専用ブラウザ(Silk)でのネットサーフィンや、Twitter、InstagramといったSNSも使用可能ですが、iPhone等のスマホでやった方が遥かに快適なので、割り切りと使い分けが大事です。

ポイントアップキャンペーンのエントリーも忘れずに!

最大6.5%とのことですが、ポイント加算のハードルはかなり低く、Prime会員なら簡単に6%に到達可能です。

具体的には、

  • Prime会員で2%
  • Amazonショッピングアプリからの購入で1%
  • Amazonクラシックカード+Prime会員で3%

の合計6%です。

つまり、すでにPrime会員なら、スマホのAmazonショッピングアプリを使用し、支払いを年会費無料のAmazon Masterカード クラシックにするだけで、6%の条件を満たせてしまいます。そんなに簡単でいいの?っていうくらいハードル低いですね。

ちなみにゴールドカード会員だと、さらに0.5%増えて、最大還元率の6.5%に到達しますが、ゴールドカードの年会費を考えるとコスパ悪すぎるので微妙です。私は、マイル還元率のためにANAカードをゴールド会員にしているため、Amazonカードはクラシック会員で運用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました